胡蝶蘭はどう選べば良い?

胡蝶蘭これは胡蝶蘭に限った話ではありませんが、贈り物は貰って嬉しいという一方で、あまりに高過ぎる品物である場合には逆に気を遣ってしまうというものですので、この点には注意しておきたいです。たとえば極端な話かもしれませんが、いくら昇進祝いだからといって、いきなり数十万円もする品物を送られては、プレゼントを貰った人も相手に何かお返しをしないといけないなど、気を遣ってしまうものです。したがって、高価になり過ぎないよう、適切な価格帯の品物を送るのがベストと言えます。

胡蝶蘭の価格は安定していて、1本あたりに1万円前後が目安となる相場です。1本だけ贈るのでは見た目も少し寂しいものですので、だいたい3本か5本のセットで贈るのが一般的です。価格に換算すると3万円程度から5万円程度となります。この際注意しなければならないのは、本数とマナーの問題です。

基本的に偶数は「割り切れる」という理由からあまり縁起が良くないとされています。結婚式のご祝儀でも3万円、5万円といったように奇数にするのがマナーですが、これも同様に別れを想起させて縁起が悪いからと言う理由があります。あとは価格やラッピングの問題だけが残り、これについては皆さんが好きなものを選ぶと良いでしょう。

Pocket